ミノキシジルの副作用 痛みを感じることがある?

ミノキシジルの副作用はまれなものを含めると多岐にわたっています。

 

ミノキシジルのお家元(?)であるアメリカの薬関連のサイトを見てみました!

 

主要な副作用
・心悸亢進
・体重増加
・眠気、めまい
・むくみ(特に初期)
・倦怠感

 

少ないが起こりうる副作用
胸の痛み
・息切れ
・膨満感
・皮膚の赤み
・脚、ふくらはぎのむくみ

 

より少ない副作用
・手足、顔のしびれ、麻痺

 

珍しい副作用
・皮膚の発疹や赤味

 

ありましたね、胸の痛み。
それほど頻繁に現れるものではないようですが、副作用として挙げられています。

 

そして、上記のような症状が現れた場合は、速やかに医師に相談、とあります。

 

心臓がドキドキするとか息切れがするというのは、辛いものですよね。
体調が悪くてもなる可能性がありますが、ミノキシジルを服用しているときは副作用も疑いたいです。

 

 

ミノキシジルでなぜ胸の痛みが出るかというと・・・

 

 

発毛することがミノキシジルの副作用!?

そもそもミノキシジルは高血圧に処方されていた薬なんですね。
血管を拡張することで血圧を下げるのが目的です。

 

しかし、血管が拡張して血流が増加することで、心臓や肺への負担が大きくなります。
それが動機や胸の痛みとして現れると考えられているそうです。

 

 

考えてみると、ミノキシジルで毛が濃くなること自体副作用と考えられますね。
薄毛治療薬としての効果は、つまりミノキシジルの副作用でもあるわけです。

 

ミノキシジルで発毛することは、副作用をうまく利用しているにすぎません。
髪さえ生えれば何でもいい、という考え方はちょっとどうかなぁと思います。